ボディのシャンプー

 

洗車を上手にするコツは、「埃や塵をしっかりと洗い流すこと」です。
欲を言えば、手洗いなら尚良いです。
シャンプーをする前に水でしっかりと埃や塵を洗い流せば、ボディに傷がつくのを最小限に抑えてくれます。
これをやらずに適当に水を掛けてシャンプーすることを続けていると徐々に細かい傷が増え、光沢が失われていきます。
丁寧に水を掛け、まずは埃や塵をしっかりと洗い流し、その後にシャンプーをして、水垢や汚れを取り除きます。
使用するスポンジも、硬めの物よりはボディに負担のかからない柔らかい物を選ぶようにしましょう。
洗剤はワックスを兼ねた物もありますが、ボディコーティングを施してある車には不要なので、自分の車に合ったものを選ぶこともコツです。
洗い終えたら水で流し、柔らかく吸水性のあるタオルで水滴を残さないように拭き取ります。
ここで水滴が残ってしまうと、水分が蒸発した後に白っぽく跡が残ってしまいます。
特に夏場は、洗い終えてから拭き取りまでを手際良く行うことが、仕上がりを左右するといっても過言ではありません。
ワックスをかける場合は、円を描くように全体に塗っていきます。
塗り終えたらワックスが残ることのないように拭き取れば終了です。

 

Comments are closed.