曇りの日がベスト

 

お天気が良い日になると洗車をするという方も多いのではないでしょうか。
しかしながら、場合によっては塗装を傷めてしまう原因になるのです。
例えば夏場の日差しが強い日に車を洗ってしまうと、水を掛けてもすぐにボディの上で蒸発してしまいます。
それによってウォータースポットが発生してしまう事になるのです。
ウォータースポットというのは水ジミの事ですが、専用の薬剤を利用しないと除去する事ができません。
さらには塗装を傷めてしまう原因にもなりますし、また案外目立ってしまうという事もあり、車の状態を悪く見せてしまう事にも繋がります。
その為、お天気が良く、尚且つ気温が高い場合は極力控えた方が安心と言えます。
基本的には曇り空の日がベストですので、敢えて天候が悪い日を狙って洗うようにすると良いでしょう。
他にも注意しなければいけないポイントがありますが、それは風です。
風が強く吹いている場合、時には風に舞ってボディに砂などが付着してしまう事があります。
異物が付着した状態でボディを擦ってしまうと傷付きの原因になってしまいます。
そしてタオルやスポンジなどに砂が付いたまま洗ってしまうと、全体に細かい傷を作る原因になります。
そういったリスクを軽減する為にも風が無い日を選んだ方が安心と言えます。

 

Comments are closed.